往く先は風に訊け ホーム » Fate/Apocrypha »アニメ感想 Fate/Apocrypha 第2話「聖女の出立」

アニメ感想 Fate/Apocrypha 第2話「聖女の出立」  

Fate/Apocrypha vol.1「外典:聖杯大戦」【書籍】

15騎のサーヴァント召喚

・救国の聖女 ジャンヌ・ダルク

ルーラー 裁定者として召喚されたジャンヌ・ダルク。

赤と黒、どちらの陣営にも属さない彼女の存在が聖杯大戦の異様さを物語っていますね。

そもそも明らかに舞台であるルーマニアとは違う場所にいましたし。


・盤石とは言い難い両陣営

準備万端!

この言葉程あてにならないものも少なくない、特に創作においてはw

黒の陣営はセイバー「ジークフリート」がマスターと不和を。

さらにアサシン「ジャック・ザ・リッパー」も予定とは違う状況なのは明らか。


赤の陣営は獅子劫、モードレッド組が単独行動を開始。

赤のアサシン「セミラミス」が信頼出来ない様子でしたがお互い様の様ですね。

2つの陣営に分かれて7騎がぶつかり合うと言っているのにどちらもそんな状況にはならない様子。


獅子劫さんとモードレッドの二人は中々息が合っているみたいでそこだけは救いですねw

剣は投げるし殴るセイバーと死霊魔術にガンド入れたソードオフショット・ガン持ちのマスター。

型破りという点で似通っているのかもしれませんね。


中立の立場のルーラーにランサー「カルナ」を仕掛ける赤の陣営。

さらにバーサーカーは暴走し敵に突撃。

何もかもイレギュラーづくしの聖杯大戦、既に予測不能の展開です。

関連記事
スポンサーサイト

category: Fate/Apocrypha

thread: アニメ・感想

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3952-9e42e939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

解析

ページランキング

注目商品2【AA】

▲ Pagetop