往く先は風に訊け ホーム » 書籍感想 »書籍感想「特装版 バカとテストと召喚獣11巻」

書籍感想「特装版 バカとテストと召喚獣11巻」  

特装版 バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)

今までにない大規模バトル勃発!

Aクラスとの試召戦争を中断させられてまで始まった3年生との学年対抗試召戦争。

これがラストエピソードとなるバカテス11巻です。


11巻は主に雄二と翔子の関係に区切りを付ける巻になります。

雄二も大概不器用ですからねw

他人の想いを感じるのに疎く言葉を額面通りに受け取ってしまう翔子はどうしても焦ってしまうでしょうね・・・

焦る翔子とフォロー出来ない雄二は見ていてもやもやします。

だからこそ明久が殴ったところから最後までが活きるんですがねw

「もしアイツが本気で考えた作戦なら、今先輩がこうして立っていることはありえませんよ」

「ハッ。だから、負けないように助けてくれるんだろ、相棒?」

相変わらず、互いに信頼しあってるバカコンビであります。


2年生連合軍、そもそもこれが成立する訳がないのはシリーズ読者なら解りますよねw

案の定Bクラス代表の根本が安定の屑っぷりで清々しいね^^^^^^

雄二もよく耐えた方だと思いますよw

「和をもって尊しとなす」坂本雄二はいつからそんな甘い男になった?

従わない奴は暗殺、脅迫で従わせる、それがFクラスのやり方。

敗北から始まった学年対抗戦は司令官「坂本雄二」の元に反撃の狼煙を上げる。


2年生全員での団体戦という事で今回はFクラス以外のキャラもちょいちょい出演。

相変わらずの美春に最近出番が増えまくりな玉野さんw

そして私の好きなAクラス勢にも出番があって満足。

優子、愛子、そして久保君w

久保君は読んでて面白いですね、汚れていながらピュアという稀有な存在ですw

女の子の中では推しメン(?)は優子。

玉野さんとは同好の士である優子、次元が違うけどねw


次巻で最終巻というのは寂しいですね。

彼らのバカな日常は延々と見ていたいです。

明久の女性関係に決着は付くのか?姫路さんの交換留学はどうなるのか?この劣勢から挽回はなるか?

もう待てない!早く続きが読みたい!

↓押していただけると励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

特装版 バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)
井上堅二
エンターブレイン
売り上げランキング: 67

バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)
井上堅二
エンターブレイン
売り上げランキング: 17
関連記事
スポンサーサイト

category: 書籍感想

thread: ライトノベル

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3440-74e281bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

解析

ページランキング

注目商品2【AA】

▲ Pagetop