往く先は風に訊け ホーム » 書籍感想 »LOVEとLIKEの差とは 書籍感想「恋愛専科 5巻」

LOVEとLIKEの差とは 書籍感想「恋愛専科 5巻」  

恋愛専科 (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

恋愛専科を襲う危機

恋愛専科最終巻。

期末試験を経て自分に足りないものに「気づき」彼女達は成長する。


この作品はこの巻で最終巻です。

5巻までで全員が本当に成長したと思います。


一番変わったのはやはり雪緒でしょうか。

ラストエピソードの鍵でもある彼女は1巻の頃なら絶対見せない姿を見せてくれます。

それは表情であり言動であり弱さだったり強さだったり。

そんな彼女を支えるのが茜だけじゃなくなったのが良いですよね。


先生と関わって変わったのは京かな?

なんとも良いツンデレな感じですがラストの一押しが出来なかったのが悲しい・・・

時点で香澄。

大きく成長した彼女は持ち前の運動能力と負けん気でこれからドンドン前へ進めるでしょう!


茜と杏は皆の緩衝材にして潤滑油。

恋愛専科が現在の形になれたのは茜の存在が大きく最後に気持ちの変化を出させたのは杏。

2人のお陰で今がありますね。


やっぱり先生と一番距離を詰められたのはこころでしたね。

性格的に似ているというのもあるんでしょうね。

こころと京がLOVE組、香澄はLOVE寄りかな。

茜と杏はどちらかと言うとLIKEですかね~雪緒は勿論茜LOVEですw

やはり先生と生徒、皆が先生が好きだ~みたいな感じにならず程よい距離感で締めたと思います。


最後はちょっと駆け足で締めた気もしますが途中参加の杏以外が表紙を経験。

ペース配分で言えばラストはもうちょっと長くても良かったかな。

折角ですのでアフターで1冊位読みたいです。

先生はあまり変わらなかったのでw


5人の女の子の色んな表情を楽しませてくれました作者様ありがとうございます。

次回作を楽しみにしています。

↓押していただけると励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 書籍感想

thread: 漫画

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/3181-e3ee5dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

解析

ページランキング

注目商品2【AA】

▲ Pagetop