往く先は風に訊け ホーム » 2011秋アニメ »企画参加 「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?15」

企画参加 「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?15」  

企画にお誘いいただき本当に嬉しいです

今回は「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」管理人のピッコロ様よりお誘いいただいた

「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?15」

こちらの企画の記事になります。

以前私が書いた秋アニメの総評から引用しつつ記事を書かせていただきます。

順位などが変わるのは以前書いたのは私の好き嫌いのランク。

今回のはなるべく客観的に書いています。

私がこの時に視聴していた作品は


C3
Fate/Zero
UN-GO
WORKING'!!
アイドルマスター
たまゆら~hitotose~
ベン・トー
マケン姫っ!
ましろ色シンフォニー-The color of lovers-
境界線上のホライゾン
侵略!?イカ娘
真剣で私に恋しなさい
僕は友達が少ない
輪るピングドラム

こちらの14作品になりますね。

それではどうぞ


「マケン姫っ!」



ストーリー:2
キャラクター性:2
画:2
演出:1
音楽:3
総合的な評価:2

総合点:12

作品の方向としてはエロ(お色気)バトルという最近よく見る作品。

そのエロとバトルがどちらも魅力に乏しいという残念ぶり。

エロの魅力というよりもヒロインの魅力が乏しい、というか描かれてない気が・・・

1クールの中でキャラが非常に多く(女性陣15名強)、メインであるはずの春恋、イナホ、コダマですらスポットが当たることが稀。

描写も適当と言うべきか強引というべきか、加えて規制もあり・・・

戦闘方面も説明が長く描写は少なめ、動きでの魅力が無くやや雑。

そして最後まで謎の武のマケン、最後まで見て「あれ出てきたっけ?」と思ってしまいました。

ここを見て欲しい!ここが作品の肝!というのが全くもって謎の作品でした。


キャラクターが多すぎてキャラクター性があるのかないのかわかりづらいので2点。

演出は正直残念過ぎると感じたのでキツメに1、音楽はそこまで印象に残っていませんがOPは悪くなかったかなと思いEDも毎回微妙に変えているのが解ったので3です。

詰め込みすぎて残念な結果になったかと思います。


「真剣で私に恋しなさい!!」



ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:2

総合点:15

原作エロゲーの本作。

オリジナル展開をするもキャラの人気を下げた気がしてならない。

魅力的なサブキャラを活用出来なかったのは痛いかな。

キャラは元から個性的に確立されているし画も悪くなったし演出もそこまででは。

音楽はもっと挿入歌とか入れて欲しかった。

橘さんがSへと出張してたりするのでまぁ販促として・・・微妙か。


「侵略!?イカ娘」



ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3

総合点:21

イカちゃんが可愛い。

それが全てを握るアニメ。

ストーリーは良い意味でも悪い意味でも無い。

ちょっとお馬鹿で変わったキャラも多いけど不快なキャラはほぼいない。

全体的に安定していますね。

EDが毎回ストーリーに関係ある形に変わっているのが憎い演出。

嫌いじゃないけど30分が少しダレるのは多分私の好みかな。


「僕は友達が少ない」

僕は友達が少ない 第3巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2012-03-21)
売り上げランキング: 274


ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3

総合点:21

イカ娘と同じになったのは偶然。

ラノベ枠。

原作既読の私としては基本のキャラデザインもう少し頑張って欲しかったけどアニメにしたらあれ位ですよね。

途中何故かシリアス風になったのがストーリーと演出のポイント。

後はショート夜空が出落ちなのが可哀想ですね、区切りとしては仕方ないんですが。

音楽はまさに残念でよかったかとw


「輪るピングドラム」

ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:4
総合的な評価:3

総合点:23

輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]
キングレコード (2011-10-26)
売り上げランキング: 1405


ストーリーが3なのは私の理解力の問題かと。

途中から?一杯だったのは抽象的な言い回しが多かったからかな?

キャラは全員非常に特徴的ですが真意が見えないと感情移入出来ないので常に一歩引いて見てましたね。

作画が微妙な回が多かったのは演出が凝っていたからか、これがマッチしたら他を補って余りあるポイントなんですけどね。

総合的には3、個人的に微妙なのと万人向けではないので。


「たまゆら~hitotose~」



ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4

総合点:24

2期も決まったたまゆら。

一つ一つに大きな事件は無いければちょっとづつ前に進む楓達を描くのが上手かった。

全体的に安定していて絵も演出も○

音楽はOP、EDが作風とマッチしていたという点が高い。

1クールに1つは欲しい絶大な癒し枠。

安心してゆったり見れるのがポイント。


「C3-シーキューブ-」

C3-シーキューブ-(4)(期間限定版)(Blu-ray Disc)
キングレコード (2012-03-28)
売り上げランキング: 650



ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:3

総合点:21

やろうと思えば2期が出来そうなC3

1クールなのOPとEDが変わった点は良い、どっちも好きですし。

絵も安定してたけど全体的に説明不足な感は否めない。

まぁ細かいことは良いんだよでキャラの可愛さとそれなりの戦闘を楽しめば良いのではないでしょうか。


「ましろ色シンフォニー-The color of lovers-」

ましろ色シンフォニー Vol.4 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2012-04-25)
売り上げランキング: 1673


ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:3

総合点:22

エロゲ原作組の作品。

新吾さんは高スペックとフラグ立て能力、鈍感かと思いきや終盤一気に告白するという大胆さを持ち合わせる。

へたれっぽいがそうでない、珍しい人ですね。

序盤の愛理とは何だったのか、未だに思うのでストーリーは3

中盤でヒロインを1人に絞ったのは珍しいけど後は無難だったし。

それよりもその裏で泣いていた紗凪や愛理がキャラ立っていたので5

後は無難なラインだけど上記裏で泣く恋愛の苦さの演出が良かったと思うので4

ヒロインを絞った利点で3人が優遇、2人が不遇というのは判断に困る点ですから総合は3


「ベン・トー」

ベン・トー ④ [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2012-03-21)
売り上げランキング: 1206


ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4

総合点:24

ラノベ原作。

半額弁当を求めて熱いバトルを繰り広げるアニメ。

話が持つのか?と思ったが勢い良くドンドン展開を続けあれよあれよと最後まで。

ストーリーは王道ながらも題材の特殊さから展開が楽しいので4にしました。

やってる事は突っ込みどころ満載だけど真面目な登場人物達、若干おかしくても勢いで色々押し切られますw

予想外という点があり若干評価が甘くなってるかもしれませんが一見の価値有りかと。


「WORKING'!!」

WORKING’!! 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2012-02-22)
売り上げランキング: 1689


ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4

総合点:25

WORKING!!2期です。

ここからでも良いけど1期を見てるのが良いですよ。

大元は1期で出来ています。

日常系なのでストーリーと言われると若干困りますが2期では人間関係が結構変わるのでその点を含め4

キャラは個性豊か、1期よりも勿論増えますし皆キチンと見せ場があります。

画、演出、音楽は作品とのマッチがかなり良いです。

1期を見て原作を買った私としては是非推したい作品ですw


「UN-GO」

UN-GO episode:0 因果論 初回限定生産版Blu-ray
東宝 (2012-04-20)
売り上げランキング: 878


ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4

総合点:22

非常に珍しい探偵推理物。

そこに不可思議な能力も加えた異能力物でもある。

タイトルや画、設定がとっつきづらい印象がありますが推理モノで毎週楽しめました。

興味ある人には是非見てもらいたい、1話切りは勿体無い。


「境界線上のホライゾン」

境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 4 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2012-03-23)
売り上げランキング: 124


ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4

総合点:25

サンライズが渾身の力を込めて作成した川上稔さん原作の鈍器ノベル。

分割2クールの前半、とはいえここでキチンと区切りが付きます。

原作からシッカリと設定を作ってあるので全体的に纏まっていた印象です。

作画もとても良く、演出面も○

やはり30分で1クールというのが若干のネックだったと思いますがそれを抜いても十分な作品です。

色々な物を(学園にロボットにバトルetc)混ぜても上手くやれば非常に見応えがある作品に仕上がると改めて認識しました。


「Fate/Zero」

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
アニプレックス (2012-03-07)
売り上げランキング: 61


ストーリー:5
キャラクター性:4
画:5
演出:5
音楽:4
総合的な評価:5

総合点:28

このクールを代表する作品。

分割2クールのと公言して物凄い所で区切ってきたのが酷い。

毎週楽しめたから3ヶ月が辛かったですね。

基本的に作画が良い、それに引っ張られる形で演出も良い。

それらが作品の魅力を存分に引き出した。

個性豊かなマスターとサーヴァントもストーリーを彩りました。

圧倒的な戦闘シーンが特に魅力的、是非見ていただきたい作品。

出来れば聖杯問答はDC版でw


「THE IDOLM@STER(アイドルマスター)」

アイドルマスター 7(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2012-04-26)
売り上げランキング: 86


ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4

総合点:26

アーケードや家庭用ゲームで人気を博した「アイドルマスター」のアニメ作品。

以前アニメ化した作品ととは違い正統派の作品になります。

2クールを使い駈け出しアイドルからトップアイドルへの成長を描く。

各話でキャラをキチンと掘り下げ(多少個人差有)全員に見せ場をくれていました。

2クール目はやや暗い話もありましたが、下げて上げるが上手くその後のライブ等での感動を盛り上げる下準備として素晴らしい効果があったと思います。

そして話を盛り上げる名曲とライブ演出は素晴らしいの一言。

番外編等は作ろうとすれば全然作れるので是非今後の展開を希望する作品です。


続きまして部門別です。


ベストキャラクター賞 ギルガメッシュ(Fate/Zero)

ベストOP賞 CHANGE!!!!(アイドルマスター)

ベストED賞 いつものようにLOVE&PEACE!!(WORKING'!! )

ベスト声優賞・男性 大塚明夫さん(Fate/Zero ライダー)

ベスト声優賞・女性 田村ゆかりさん(C3-シーキューブ- フィアイ)


ベストキャラクターはライダーが人気そうだったのでギルをw

いや、あの豪華さと王気は素晴らしい、慢心さえなければw

OPはアイドルマスターCHANGE!!!、READY!!からCAHNGE!!!へ素晴らしい変化です。

EDは・・・タンバリンの印象が強くて^^;

声優は大塚さんと田村さん、やはり実力派は素晴らしいですね。


以上になります。

個人的にはアイドルマスターを推していましたが他人に勧めるならFate/Zeroですね。

日常作品で2期ですがWORKING'!!もまたお勧め。

皆様是非気になった作品は見てみてください。


↓押してくれたら励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 2011秋アニメ

thread: アニメ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/2753-7e53e621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

解析

ページランキング

注目商品2【AA】

▲ Pagetop