往く先は風に訊け ホーム » 2011秋以前のアニメ感想 »アニメ感想 Fate/Zero 第5話「狂獣咆哮」

アニメ感想 Fate/Zero 第5話「狂獣咆哮」  

アニメ感想 Fate/Zero 第5話「狂獣咆哮」

セイバーVSランサーに分け入り更に名乗りを上げたライダー。

歴史に名を連ねる程の英傑である両者を自身の配下に加えようと勧誘するも両者に断られる。

自身が聖杯を捧げるのはライダーではないと。

戦場に出たが故にランサーのマスターである「ケイネス・エルメロイ・アーチボルト」に聖遺物を盗んだことが露見し、危うい立場に。

ですがライダーは姿を表さないケイネスが自分のマスターになるなど片腹痛い、自分のマスターは自分と一緒に戦場を馳せる勇者でなければならないと言い放つ。

更にライダーは英霊ならば姿を表す様に挑発をかける。

この挑発を流せる「英雄王」ではなくギルガメッシュも登場。

名乗りを促すライダーに自身を知らぬ蒙昧は生かしておく価値なしと財宝を解き放つ。

時臣のサーヴァント出現に監視していた雁夜がバーサーカーを投入。

バーサーカーはステータス等を隠す能力を持っているのかウェイバーもステータスを看破できず睨み合いに。

バーサーカーに睨まれ不快感を顕にしたギルガメッシュは標的をバーサーカーに変え財を撃ち出すもバーサーカーはまさかの行動に。

一投目の剣を掴み、二投目の槍を撃ち落とす。

自身の宝物に手をつけたバーサーカーを許すまじ、更に財を解放するギルガメッシュ。

迫り来る宝具を狂戦士とは思えぬ芸当で捌き、更にギルガメッシュを地に立たせる。

これに対し時臣は令呪を使って英雄王を撤退させる。

標的であったギルガメッシュは撤退するも続けてセイバーに襲いかかるバーサーカー。

手にした鉄パイプを自身の宝具としてセイバーに襲いかかる。

己の魔力を手にした物に通し自身の宝具として使える彼だからこそ鉄パイプで戦えるのです。

これに対しランサーがセイバーの援護に入る、ゲイジャルグで魔力を切断し武器を破壊。

セイバーに助力しようとするランサーですがケイネスも令呪を使用しバーサーカーの援護を命じセイバーVSバーサーカー&ランサーの状態に。

切嗣はこの状況を打破するためアサシンに襲われるリスクを無視しケイネスを狙撃しようとしますが直前にイスカンダルがセイバー陣営に協力。

戦場を汚す事をよしとせずランサーの撤退を要求。

不利は否めないと判断したのかケイネスもランサーを下げます。

ライダーも撤退し一時的な安息を得るセイバー陣営。

負傷してしまい今後の戦いへの影響が心配されます。

今回姿を見せずにいたキャスターは戦いの様子を遠見していてセイバーに自分の運命の乙女と言う。

次回は狂った魔術師とセイバーの戦いが・・・


いやぁ、戦闘は迫力あるしギルは豪華だしバーサーカーは凄いし・・・

毎週この30分が濃すぎますね。

次にここまで派手な戦闘が見れるのは何話になりますかね~。

楽しみすぎです!

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
アニプレックス (2012-03-07)
売り上げランキング: 1
関連記事
スポンサーサイト



category: 2011秋以前のアニメ感想

thread: アニメ

janre: アニメ・コミック

tb: 3   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/2219-62885d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/Zero 第5話「凶獣咆吼」 感想

聖杯に招かれし英霊は、今ここに集うがいい! セイバーとランサーの戦闘を見て血が騒いだライダーは戦場に乱入。 ライダーの呼びかけに応える形で他陣営のマスターや英霊も次々に姿を現し。 それぞれの思惑が交錯する中でアーチャーとバーサーカーが戦闘を始めるのだが...

日刊アニログ | 2011/10/30 12:08

Fate/Zero 第5話「凶獣咆哮」

MEMORIA(期間生産限定盤 )マジで神回すぎるでしょう!!! いったい何回くらい神回を突っ込んでくる気なんですか!

明善的な見方 | 2011/10/31 23:33

Fate/Zero 第5話 凶獣咆吼 レビュー

セイバーとランサーの前に現れたライダー、いきなり堂々と真名を 名乗って、さすがの征服王イスカンダル…という感じだが、ウェイバー君に してみたら、いきなり真名を名乗るとかとんでもない事なので… 「何を考えてやがりますかこの馬ッ鹿はあああ!!」 と文句を言う。「...

ゴマーズ GOMARZ | 2011/11/02 07:38

最新記事

解析

ページランキング

注目商品2【AA】

▲ Pagetop