往く先は風に訊け ホーム » 書籍感想 »書籍感想「僕は友達が少ない+」

書籍感想「僕は友達が少ない+」  

書籍感想「僕は友達が少ない+」

星奈ルートという訳ではないと原作のあとがきで読んだ気がするんですが帯には「星奈ルート!」と書いてありますねw

本編の展開がかなり変わっていて原作では夜空が作った隣人部ですが小鷹主導で星奈と一緒に作っていたり、ケイト先生が最初から登場したりと色々あります。

そして1巻では理科と幸村は登場しません。

今後も登場しないのかは不明ですが理科がいないので星奈は最初からギャルゲーにハマっている残念な子に変わっていましたw

残念さは変わらずも確実にヒロインの立場を手に入れた星奈。

それでも夜空との幼馴染設定は残っていたのでここから波乱が起きる感じで1巻は終わりました。


ヒロインの数を絞った分展開が速めでラブコメ的な要素もデート等を盛り込んできてます。

展開は速い、でも季刊誌での連載だから2巻が出る頃にはアニメも終わってます^^;

何と言うか1巻の発売をアニメ化に合わせてきたんだな~とは思いますw

いえ、面白くない訳ではないので星奈好きは勿論ケイト先生好き、新たな一面が見れるので夜空好きにもお勧めです。

関連記事
スポンサーサイト

category: 書籍感想

thread: マンガ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/2077-059299d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

解析

ページランキング

注目商品2【AA】

▲ Pagetop