往く先は風に訊け ホーム » 書籍感想 »書籍感想「僕は友達が少ない5巻」

書籍感想「僕は友達が少ない5巻」  

書籍感想「僕は友達が少ない5巻」

5巻の表紙は理科と幸村の一年生コンビ。

私は隣人部メンバーでは理科を推しているので是非単独表紙をお願いしたいのですが・・・

本編の半分は遊園地へ行くエピソードで占められています。

画像が有名な上下2分割に書かれているのがこのエピソードですね。

確かに小説としては異例かもしれませんが同時に起きているのでこれでもいいと思います。

星奈の小鳩妹化計画は更に加速をし脳内では完璧に妹にしてますねw

そして温泉で明かされる衝撃の真実「楠 幸村」は「女の子」だった。

目標「しんのおとこ」の可愛い男子と思われていた幸村は女の子でした。

内容的には衝撃的なはずなのに本編では結構あっさりしてましたねw

普通に考えればあれだけ可愛いんだから女の子だろうと・・・

うん、個人的にもこれで良かった。

そして今巻では理科にも見せ場がありますよ!

理科先生のハチミツ授業とか、髪型変えてアピールする理科とか、フラグビンビン発言とかw

特に髪型の変化に触れられた辺りは物凄く好きですw

攻略難度超低いそんな理科が大好きですww

さて、5巻では最終エピソードで小鷹と夜空の過去の繋がりが皆に知られますが決着は6巻までおあずけ。

上手く誤魔化すのか全て打ち明けるのか。

僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)
平坂 読
メディアファクトリー
売り上げランキング: 637
関連記事
スポンサーサイト

category: 書籍感想

thread: ライトノベル

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/2030-ab67fa1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

解析

ページランキング

注目商品2【AA】

▲ Pagetop