往く先は風に訊け ホーム » 書籍感想 »書籍感想「僕は友達が少ない4巻」

書籍感想「僕は友達が少ない4巻」  

書籍感想「僕は友達が少ない4巻」

最新刊の前に既刊の感想の続きを簡単に書きたいと思います。

4巻の表紙はマリア。

10歳にして先生、頭は良いけど中身は子供なマリア先生。

本編の見所は前巻ラストで髪をバッサリ切った夜空、そして幼馴染のソラであると気付いた小鷹との関係のちょっとした変化、それに伴ってちょっと変わる隣人部。

一つの転機、ほんとうにちょっとした感じですがね。

後はサービスシーンの柏崎さんの裸体とかですね。

そして表紙のマリアの姉、高山ケイト登場と姉妹仲を描いたエピソードが個人的お気に入りですw

ケイトは隣人部ではありませんが残念度では負けてません(悪い意味)

まぁこの作品の登場人物は9割残念ですがw

僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)
平坂 読
メディアファクトリー
売り上げランキング: 610
関連記事
スポンサーサイト

category: 書籍感想

thread: ライトノベル

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/2029-278782b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

解析

ページランキング

注目商品2【AA】

▲ Pagetop